2009年12月26日

東野圭吾

最近、久しぶりに小説を何冊も読みました。
読んだ小説は、東野圭吾さんの小説です。

容疑者Xの献身から読み始め、さまよう刃、秘密、時生と読みました。

それぞれ味のある作品で、お!と思わせる場面や
もう一度、読み返したくなるシーンなど、う~んと唸っちゃいました。

4冊とも、オススメです。

次は分身、片想い、使命と魂のリミットを読みます。

コメントする